INTERVIEWインタビュー

徳原 拓人
西海岸中部地域総合支援センターたかしほ/職業指導員

2019年入社2年目

社員インタビュー1

【入社を決めた理由】

前職を退職後、違う職種がしたいと思い日商簿記資格を取得して、経理事務関係で仕事を探していた時に海邦福祉会を見つけました。
事務職の求人で応募してみると事務局が綺麗で、何をやっている法人かは知らずに面接に挑みました(笑)面接を終えて、障害者施設と言うことを初めて知りました。
現場がどのような仕事をしているのかに少しずつ興味が沸き、後日に事業所見学に伺うと新しく出来る就労支援施設「べジラボ」の建設途中で、その事業内容を聞き、面白そうだなと思いました。
施設の職員も楽しそうに仕事しているのを見て、ここなら今までの自分の経験を活かして働ける環境かもしれないと思い、入社を決めました。


【どんなお仕事をしていますか?】

私が今まで経験した職業は”目の前にある作業をこなす”でしたが、この仕事は全く未知の世界で、生活介護?B型?と福祉サービスの違いも分かりませんでした。

そんな中、利用者さんと関わる中でやるべき仕事は「支援員」と言う事に気付き、利用者さんが生活の中で出来そうなことにチャレンジしてもらえることを考える様になりました。

できることに対して挑戦しようとしない、集中して作業に取り組むことが難しい利用者さんがいると、接し方や環境に変化をもたらして再度取り組んでもらうと、すんなり行うことが出来たり、想像以上のことが出来たりして、支援員も共に楽しく継続して行っていくことが「支援」という仕事かなと思っています。


【これから一緒に働く人に言いたいこと】

私が支援員になってから、興味もなかった福祉について少しずつ知り、違う価値観が見えてきたり、自分自身が海邦福祉会に入社する前と現在とでは人間性が変わったなと思います。
私は高校生のときのアルバイトから前職までの経験、今までの取得してきた資格がこの職場で活きている感じがします。
色んな人の知識や経験が支援に活かせたりするので、意外なところで活躍する場が見つかるかもしれませんね!


社員インタビュー1

社員インタビュー1